婚活イベントの参加者がイマイチなのはある種当然なのとその原因

心理学 恋愛 日常心理

婚活イベントの参加者がイマイチなのはある種当然なのとその原因

2022年7月15日

出会いがなく婚活が必要になる人が、何らかのイベントに参加した時、参加者に大なり小なりネガティブな感情を感じる人は少なくないと思います。

この理由は人によって異なる部分や、いくつかの原因がありますが、1つ明確に言えるのは、性別に関わらず「自己認知とメタ認知が低い」事が言えます。

社交場に参加しているにも関わらず、「他人からどう見られるか?」「今から会う人が初めて会う人である!」と言う事実に対する認識が低い傾向があります。

極端に良く見せようとする必要はありませんが、ありのままの自分全てを相手に受け入れさせようとする行為は強いエゴだと認識して下さい。

共通項

男女に共通して言えるのは「婚活イベントで会う人は初めて会う人である」事を軽んじている人が多く、最低限の服装,ヘアケア,スキンケアに力を入れていない人が多いです。

カジュアルな場のTPOを考慮して振る舞うのは、それなりの自己認知とメタ認知が必要になります。

そして初めて会う人にどういった印象を持たれるかは、「話し方と見た目」に依存する部分が圧倒的に多いです。

特に見た目の清潔感は非常に重要です。ヨレヨレのシャツだったり、毛玉満載の服だったり、くたびれた服だったりは相手に与える印象が悪いです。特に女性は被らない服装を選択しますが、どんな人が参加するか分からないイベントにおいて、わざと被らない格好を選択すると激烈にダサいので注意しましょう。

また「額や目元には年齢が出る」と言われるほど重要にも関わらず、ここがガサガサだったりシワシワだったり、雑な厚化粧だったりする人が多いです。自分が気になる部分だけでなく、相手からみられる部分のスキンケアも対策しましょう。

運営側の募集も間違っているのですが、こう言ったイベントに参加する男性は女性の爪など見ていません。力を入れる部分を間違えないようにして下さい。

男性の場合

男性の場合、婚活し始める理由が周りが結婚し始めたからというケースは少ないです。仕事や趣味に没頭して人生の時間が経過してしまった人が、年齢的な理由して開始する場合が比率として多いです。

仕事や趣味など1つのことに没頭した時間の使い方をしていると、心理的にはオタクの様な生態になっていきます。

そうなると外見に気を使えるようになるには結構難しいです。

特に男性は服装に流行がないので、あまりファッションに気をつけていない人が多くなりがちです。服装だけでなく、髪型やスキンケアも重要ですが、日常から気をつけている人は少ないでしょう。

なので見た目に気を遣う事に少しお金をかけて頑張って下さい。靴や時計で足元を見られるほどではありませんが、見た目が与える印象は自分が思っているより遥かに強烈です。これが対応出来たら、次は話し方を学んでください。

男性が多い職場だと、独特のノリや論理的な会話になりがちなので、女性と会話をして楽しませたり合わせたりするのが苦手だったりします。

相手が営業職など、男女ともに働いている環境であればそこまで苦労しないでしょうが、婚活に出てくる女性は女性が多い職場で育った人が多いので中々上手く噛み合わないことが多いです。あまりに上手くいかない人は、最低限メラビアンの法則程度は押さえておいたほうがいいです。

女性の場合

女性の場合は女子カーストや女子ヒエラルキーがあるのを意識出来ているかが重要です。

例えば友人が結婚してようやく始めるケースの人がかなり多いですが、この場合、友人との関係の中でずっと安全圏からマウントを取れる相手だと認識されています。平たく言えば、あなたは友人から自分より下の立場だと見られて、女子ヒエラルキーが逆転する事のない、安心な相手だと思った付き合いをされています。

こういったケースは、自発的な行動を継続する事で改善します。流行の事柄ではなく、自発行動を取れる人間は性別問わず魅力的に見えます。小さな自己実現を続けていくと心理的欲求も改善されるので効果的です。

また女性が多い職場の場合、看護師など極端に優劣のひどい環境がありますが、こう言った職場で育つと、出会いそのものではなくその環境に影響され人間性に問題が生じている事実に気付けない人が多いです。

他にも婚活イベントや約束を無断でバックれる人が多いですが、これは論外です。女性が男性に会うのは心理的に不快なのはわかりますが、婚活以前に人として信用出来ない人物です。社交場として、最低限のモラルを持た行動をして下さい。

最後に

自己認知とメタ認知を理解して、全ての準備を整えたら、妥協できるラインを考えておくのが重要です。

結婚というのは、最終的には相手と何が合意できて、何が合意出来ないかが重要になってきます。

自分が相手に受け入れて欲しい事と、折れても問題ない事を考え、それを相手に聞いてしまうのが実は手っ取り早い価値観の確認を取る方法だったりします。

なので好きなタイプや居住エリアなど、くだらない質問で時間を使うのではなく、シンプルに好意を伝え「自分はこう考える人間だけどどうですか?」と聞いてしまった方が相手に与える印象もストレートで悪くないのです。

-心理学, 恋愛, 日常心理