賢者のワーク

よくデスノートみたいなものを書いている人の話を聞きますが、ネガティブな出来事だけを徹底して書き出すだけの作業は、嫌な記憶の強化になるのですぐに辞めましょう。

どうしてもネガティブな事が気になってしょうがない人は、まず嫌だった事を全てノートなりメモなりに書き出します。

次に、いったん書いたものを忘れて30分ほど放置し、改めて書いたものを確認します。この際、先のノートなりメモなりに書いたのは自分では無い、他人の記述だと思って読みます。

そして、書いてある内容を第三者視点で、客観的なアドバイスを出来るだけ多く書き込んでいきます。「この内容って大した事じゃ無いよね」とか「この程度さっさと忘れて次のことに取りかかった方がいい事あるでしょ」とか、ポジティブな指摘を多めに書いていきます。

客観視の効果を利用しているので、これをやると心が浄化されたようにスッキリします。モヤっとしている場合は第三者である自覚が足りません。

ネガティブな情報というのは往々にして感情で歪んだ解釈なので、冷静な事実で上書きすればいいのです。