理解するのに時間がかかりすぎた11の型破りなリーダーシップの原則

リーダー 会社

理解するのに時間がかかりすぎた11の型破りなリーダーシップの原則

2022年4月28日

私は、従来のリーダーシップに関するアドバイスの多くには問題があると感じています。

この種の助言は、マイク・タイソンの有名な台詞のようなもので、リーダーシップに対する細かいニュアンスや「本来の指摘、本物らしさ」を見逃していることが多いです。

Everyone has a plan until they get punched in the mouth.  Mike Tyson

誰もが口を殴られるまで計画を立てている。マイク・タイソン

そこで、これまで学んできたリーダーシップの秘訣をまとめようと思います。

あるものは単純に逆説的であり、またあるものは純粋に私が思ってもみなかったことであり、苦労して学んだことです。

皆さんの会社生活に役立つことを願っています。

知りすぎると、想像力がなくなる

私がリーダーとしてのキャリアをスタートさせた当初、不意を突かれたことです。

「何がうまくいき、何がうまくいかないか」についての経験が、私自身の思考を制約していることに気づかなかったのです。

このような余計な思考を持たない人達から、型にはまらない新鮮な見識を得てください。きっと驚くような発見があるはずです。

自分の強みを活かすが、極端になると弱みになる

例えば、極端に几帳面だと、他人の仕事が完璧でないと受け入れられず、何も完成させられなくなります。

これは、自分の仕事も同じです。完璧は完了の敵なのです。

また、自分の中で完璧であっても、それが本当に必要かは分からないものです。

厳格な計画は、大きなアイデアを殺す

部屋の反対側にある100円を拾おうと思っていたのに、近くに500円があった場合、100円を拾う計画に固執すると500円を手に入れることができなくなります。

だから、計画を立ててください。そして、その計画の中には、500円を見つけるための少しの余裕を残しておく必要があるのです。

弱さは強さである

部下に自分が「知らない」と伝えることは、往々にして真実かも知れませんし、仮に憶測を伝えても、結局は将来的に自分の間違いを証明することになり、いずれにせよ不信感につながります。

自分一人では思いつかないようなアイデアや想像力を発揮できるように、自分をオープンにしておきましょう。

自分が知らないことを知るのはとても重要です。

自分だけでなく、組織全体が勝たなければならない

各部門には最適化すべき数字がありますが、それぞれを個別に最適化しても、組織全体が最適化されることはほとんどありません。

サービスや会社として勝つには、組織全体としての最適化を考える必要があるのです。

前回うまくいったからといって、次回もうまくいくと思わない

「未来を知るためには、過去を学び、未来の有効性を得るためには、過去を忘れて下さい。」歴史は繰り返しませんが、名言が韻を踏んでいることは多いです。

前述した厳密な計画の話ですが、何が起こるかを正確に予測できないことを知っておいてください。

新しい方向性が示されたときに、それを受け入れることができるように、自分をオープンに保つ事が必要です。

大きなことを考えつつも、常に今日を大切にする

最終的なビジョンを念頭に置ける状況であれば、今日の仕事に死力を尽くす事を考えて下さい。

ほとんどの場合、企業は大きな考えで動いているのではなく、今日している実行の質で動いているのです。

弱点は発見すればするほどいい

弱点を発見すればするほど、より改善できるようになったので、より幸せになれるはずです。

大切なのは、自分の弱点を無視するのではなく、見極めることです。

幸運になるには、それを獲得しなければならない

自分の専門知識が手ごわいほど、より多くのチャンスが提供される機会があるという点で、あなたは幸運に恵まれています。

なので、まずお金を稼いで、さらなる幸運が巡ってくるのを待ちましょう。

決めなければならないことが少なければ少ないほど、決められることが多くなります

たとえ小さな決断であっても、多くの決断をして脳を詰まらせると、重要な決断をするためのキャパシティが残らなくなります。

ですから、ほとんどの決断はチームに任せ、あなたは未来についてより概念的に、より創造的に考えることが出来るようにしましょう。

コアとなるアイデアで段階的な反復を行い、市場のゲームを変えるような主導権の可能性を見出すのです。必要な事で動き続けましょう。

大きなアイデアは、猛烈な勢いで行われる小さな動きから生まれます。

結局のところ、私たちは進化しなければならないのです。毎日ビジネスは進化し、毎日私自身が進化しています。

新しいビジネスは、常に変化する機会を生み出します。アイデアも人も、停滞するものは良くありません。

よく、上司が悪いからとか、飽きたからという理由で会社を辞める人がいますが、毎日新しいビジネスをしていれば、そのような事はありません。

毎日新しいビジネスをしていれば、仕事が退屈になることはありません。そのようなビジネスで辞めていく人は、それなりの報酬をもらっていたとしても、情状酌量の余地なく仕事に付いて行けない人たちです。

持ち味!

ここで話したアイデアの中には、他の人よりも型破りなアイディアもあります。

真のリーダーシップを理解するための鍵は、市場のゲームは常に変化しており、他の人にとっては当たり前のことが、あなたにとっては当たり前でない場合があるということです。

もしあなたが他の人と同じなら、他の誰よりも優れた存在にはなれないということを忘れないでください。

型にはまらない考え方をするあなたに、幸あれ。

-リーダー, 会社