心理学 怒り 攻撃

攻撃的な人の心理とは?基本的な考え方

昨今SNS界隈や某メンタリストや屁理屈王など、様々な場所で極端に攻撃的な人を散見しますが、そもそも攻撃的な人達と言うのはどういった心理状態なのかをまとめていきます。

分母が多いため一概にこうだ!という物はありませんが、プロファイリングすることは可能です。ネット上で見かけるような人だけで見れば、対処する事が難しい潜在的なコンプレックスを持っていたり、あるいは極端に自発行動しないと言う選択をしている人が多いでしょう。

暴力を振るってしまうタイプの人

暴行などニュースで取り上げられてしまうタイプの人は、ある程度の道徳観を持ってはいるものの、相手の意見の意図を誤解し、衝動的に怒りや防衛心を爆発させてしまいます。

このタイプは言語能力が低い場合が多く、帰属バイアスが敵対的な傾向があり、相手に「敵意や悪意」を感じます。

暴力を振るってしまうが、本当は暴力を振るうつもりはなかったという人で、暴力を振るった後に、社会的な情報と自身の感情の不整合から気分が悪くなっている場合も見られます。人によっては軽度の障害を持っているケースもあります。

社会的によくいる攻撃的な人

文句を言い続ける攻撃的な性格の人は、理論や言語の情報処理の面で上記と同じような傾向は見られません。人の心を認識することができる人もおり、高い言語能力を示し、人によっては自分の感情的な反応を把握しています。

彼らは、攻撃的な行動を控えようと思えば控えられますが、そうしたくないため控えていません。攻撃的な行動をとる理由は、他人を傷つけることに対する価値観や道徳的基準が相手と異なっていおり、加害者になった時に抱く感情が異なっています。

自分の個人的な利益のために他人を犠牲にすることを躊躇わず選択し、その後自分が幸せになることを期待しています。そして、加害者が非道徳的判断を行ったとしても、加害者がポジティブな感情を抱いており、これを"幸せな犠牲者"と呼んでいます。これは、児童期のような道徳や社会的行動の分別の付けられない時期に見られますが、大人になってもこういった傾向を持ったままの人は少なくないのです。

また価値観の齟齬を相手と共有していない事も問題です。自分と相手の基本となる価値観や道徳観がどう言った物かを競り合わせないため、どこまで行っても自分が正しいという主張をし続けてしまい、これが攻撃的な所作に繋がっていきます。

相手の気持ちがわかる人が多いですが、相手の気持ちが理解できない人や空気が読めない人もおり、極端に相手の心を鑑みていない場合は何らかの障害を持っている可能性もあります。

実社会やビジネスで遭遇した場合は、事前に前提となる考え方やをすり合わせたり、話しながら内容の命題と対偶を確認する事で、ある程度攻撃性は緩和されます。目的と議題と終了条件を予め可視化し提示することが有効な対処方法です。

相手がわざと論点を歪曲させる藁人形論法(ストローマン)を用いる人の場合、ビジネスシーンであれば単に都合の悪い内容を隠したいというケースが多いでしょう。相手が藁人形論法を用いた時には、咎める事は難しいものの、対面であれば即時に指摘することが必要です。

 

ネット社会(空間)で見かける屁理屈を捏ね続けたり、藁人形論法(ストローマン)で論点をずらすような手合いの人は、話の論点や自分の理論的方向性を理解出来ていない場合が多いです。

こういった人達は心理的柔軟性を欠いているため、相手の話を理解しようとはせず、論点を歪める事をひたすら続け、全く別の話になったところで隙をついて攻撃し相手に勝とうとします。彼らの多くは論理的誤謬を生み誤った考えや偏見に基づき評価しています。前述した通り自分の理論的方向性を理解していなかったり、心理的柔軟性が低いため、自分の話は筋道だって話していると感じており、議論の不完全さも気にならず精神的な攻撃衝動からこういった行動を取りがちです。

対面ではない場合、まともなやりとりをするのは非常に困難なため、余計に絡んでいくと自分自身を傷つけかねません。出来ることであれば距離をとりましょう。

怒りと攻撃性

怒りと攻撃性が必ずしも必ずしも相関しているわけではなく、例えば上記の前者のような場合は、当事者に怒りを感じるカテゴリーが存在し、さらに怒りから行動に起こすまでにステップがあるので、何を理由に怒るかを理解する事で攻撃的な行動を抑えることができます。

後者の場合、自分の中にある現実離れした基準を見直せば、他人の軽率さや冷淡さ、無頓着さに腹を立てることも少なくなるでしょう。こういった自己変革は、ほぼ確実に、自身の幸福と心の平穏に貢献します。これらのことは、まず物事を優しく捉え、無条件に自分自身を受け入れることができれば、簡単に達成できるでしょう。

対処法

現実の敵に反発することは、結局のところ無駄です。他人の批判に左右されずに自分を正当化する方法を学ぶ方がはるかに効率的です。それが、あなたの自己意識や人間関係を傷つけることのないようにするための免疫となります。そして、他人に反応しない姿勢を身につけることのメリットを考えてください

不快に思うことへの一番の対策は、自信と自尊心を高めることです。セルフイメージを高めることで、他人の無神経な行動を跳ね返すことができるからです。

高い自尊心は、不快感とそれによって引き起こされる一連の否定的な感情から人を守ることができます。

-心理学, 怒り, 攻撃