文句を言う人の心理

ストレス 心理学 日常心理

ずっと文句を言っている人の心理

2022年2月22日

世の中、「選ぶ言葉が汚い人」と「文句や悪口をずっと言っている人」がいますが、これは別です。

前者は単純に育った環境の問題だったり、屈託のない正論を言っているだけという可能性が高いです。

後者は本当に現状に不満があって、その不満を言葉にして吐き出した結果共感して欲しいのです。

しかし、文句や悪口をずっと言っている人がいますが、悪口を言うことは百害あって一利なしなので辞めましょう。

文句が多い人の心理と特徴

言葉の暴力

行動力がない

文句ばかり言う人は、怠惰や恐れを強く持っており、自分が何をすべきかを正確に理解している必要があると思っているので、致命的に行動力がありません。

文句を言っている暇があるなら、行動してしまった方が早いのでが、文句ばかり言う人は、決して行動しないのが特徴です。

例えば成功している人を見て、健全な人は「私も成功できるかもしれない」と考え、同じように行動をしてみたり、成功した自分をイメージしたりして努力してみようとするものです。

しかし文句ばかり言う人はそうは思わず、きっと成功したのには何か特別な理由があったのだと考え、自分は行動せず、愚痴や不満を言うだけなのです。

会話の中で「でも」が多いと要注意です。

承認欲求が強い

行動しない人が多いので、自己実現が出来ず承認欲求が満たされていない人が多いです。

人が文句を言うときの心理として「自分を認めてもらうために愚痴や文句を言う」というものがあります。

文句ばかり言う人は承認欲求が強く、文句を言うことで、他人に自分を認めてもらおうとしているのです。

例えば、仕事のチームで誰かがミスをして、失敗してしまったとします。文句ばかり言う人は、愚痴や文句を言うことで、自分が悪いのではないということを暗に伝えているのです。そしてそれを周りに認めてほしいのです。

同調してもらえなかったら、怒り出す可能性もある厄介な人達で、パーソナリティ障害傾向がある人も少なくありません。

ストレス解消

文句や愚痴を並べることを、ストレス解消のために行っていることもあるでしょう。この場合は誰か特定の人の文句ではなく、延々と仕事や生活に関する文句を言い続けています。

特定の人の文句を言っている場合、言われている人のことが嫌いだったり問題があるだけの可能性があります。

こういうタイプは、ストレスを解消できたと感じたら、すっきりしてその後しばらくは文句を言わなくなります。

しかし文句や不平不満を言うことはストレス改善にはならず、逆にストレスが増えるため、時間を置いてまた文句を言い始めるのです。

不平不満や悪口、愚痴にはデメリットしかない

「悪口を言ってストレスを発散したい」と言うのが目的なのはわかるのですが、悪口を言うとストレスが増える事が研究で明らかになっています。

悪口を言う事でコルチゾールが分泌され、コルチゾールはストレスがかかった時に出るホルモンなので、ストレスの発散ではなく、ストレスの蓄積になります。これはタバコと同じで、悪口を言えば言うほどそのストレスで悪口を言う無限ループがおきます

また、人間の脳は、主語と述語を明確に区別しにくいです。そのため、嫌いな人に対する不満や文句を言った時、自分は他人の悪口を言ったつもりでも、脳が勘違いをして自分の悪口を言っていると勘違いします。

結果、呪詛返しのように、知らない間に自分を攻撃してストレスを溜める事になります。

他にも、東フィンランド大学の研究では悪口や批判が多い人は、そうで無い人に比べて認知症になる危険性が3倍も高かったそうです。

基本的に文句を言う事は、一時的にドーパミンを出す以外デメリットしかありません。

悪い記憶の強化

多くの人は悪口は本人の前で言わなければ大丈夫だと思っているでしょうが、例えば、上司が嫌いという話を居酒屋でしていた場合、上司が嫌いであるという記憶や感情を強化することになります。

さらに、人間は非言語的コミュニケーションによって、仕草で相手に物事を伝える可能性があるので、結果として上司との関係が悪くなるのは避けられません。

また嫌なことをノートに連ねるような人もいますが、これは悪い事や嫌なことで記憶を強化してしまうのでやめましょう。嫌な記憶を忘れるために冷静な事実で上書きする賢者のワークという方法を試してください。

すでに悪いところを探しの達人になっている?

悪口を言い続けるということは、短所、欠点、悪いところを探してアウトプットする訓練を無意識にしており、悪いところを探すエキスパートになっています。

自分を完全に棚上げしているタイプであっても、他人の悪い部分だけでなく、自分の悪い部分も目がいくようになるのでネガティブ思考を増長させる可能性が出てきます。

ネガティブ思考は行動に歯止めをかけ、何をやっても上手く行かない状況や、場合によっては体調の悪化を自分で作り出すことになるので辞めましょう。

悪い事を見つけるのをやめ、意識的に良いことを見つけるのに集中しましょう。

習慣がその人のアイデンティティを形成するため、自分で意識していなくても、文句や不満を言う事が習慣になっていると、繰り返す事により、徐々にネガティブなアイデンティティを持つ人間になってしまいます。

悪いところは誰でも見つけられるけれど、いいところを見つけるのは、そのための目を磨いておかないとできない。——黒澤 明

-ストレス, 心理学, 日常心理